3年ぶりの宵山

BLOG 2022.07.16

祇園會も 明日は終りと いふ夜半を

にはか雷鳴り 風吹きしまく  勇

(ぎおんゑも あすはおわりというよわを

にわからいなり かぜふきしまく)

吉井勇の短歌ですが、京都の宵山あたりは

不思議と夕立になるものです。

が、今年は3年ぶりの神事のせいか天気は持ちました。